家庭でできる頭皮デトックスをご紹介♪

女性の8割以上の人がヘアトラブルを抱えているといわれています。

ヘアトラブルの改善にはサロンでのヘアケアが1番!
とはいえ、家でもできる限りのことをして、美髪を実現したいですよね。

そこで今回は、頭皮デトックスを行うのに1番手軽であるシャンプーでの頭皮洗浄のお話をお届けします♪
 

シャンプーの選び方

シャンプーを「CMで流れている有名商品だから」という理由で選んでいませんか?

シャンプーはほぼ毎日行うのが基本。
そのため、洗浄成分がとても重要なんですよ。
 
現在、洗浄によって頭皮を傷つけにくいとして注目されているのが「タンパク質由来界面活性剤」という成分です。

なぜ傷つけにくいかというと、髪や頭皮にできるだけ近い洗浄成分としてタンパク質から作られているから。

成分表示としては「ココイル加水分解コラーゲンカリウム」や「ラウロイル加水分解シルクナトリウム」などが当てはまります。

それらは傷んだ髪を補修し、汚れをきれいに落とす成分として注目されています。
 
そのほかには「両性系界面活性剤」や「アミノ酸系界面活性剤」などもおすすめです◎

両性系界面活性剤は「ラウリルベタイン」や「コカミドプロピルベタイン」、アミノ酸系界面活性剤は「N-ラウロイルグルタミン酸ナトリウム」や「ラウロイルグルタミン酸TEA」と商品の成分表示に記載されています。

ぜひ確認してみてください。

さまざまな種類があるので迷ってしまうかもしれませんが、不要なものを取り除き、うるおいを残す保湿効果の高いシャンプーを選ぶのが基本です♪
 

シャンプーやドライヤーを使う際のワンポイントをご紹介

シャンプーやドライヤーを使う際には、正しい使い方をする必要があります。
以下の記事をぜひ参考にしてみてくださいね♪

髪質改善の第一歩!シャンプーとドライヤーの正しいやり方
 
シャンプーをする前後には、ぜひ取り入れていただきたいポイントがあります。

【シャンプー前】
軽くブラッシングをする→ホコリなどをとり、頭皮の汚れを浮き上がられる効果がある。また、シャンプーの泡立ちもよくなる。

【シャンプー時】
スカルプブラシを使用する→頭皮をしっかり洗える。また、頭皮マッサージ効果がある。

【シャンプー後】
トリートメントをつけてコームで梳かす→トリートメントが髪全体に行き渡る。

【ドライヤー】
髪に保護オイルをつけてから乾かす→温風の熱から髪を守る。
最後に冷風をかける→キューティクルを引き締める。
 
ホームケアは毎日続けることが大切です。
そして、そのうえでスペシャルケアとしてサロンでのケアを行うとよいでしょう♪

当店では髪質改善を行っています。
興味のある方は、ぜひお試しください!

 


🎁【髪年齢診断】をプレゼントいたします!
メールアドレス登録
身体の内側からアプローチする
「つや艶ピュア髪質改善メソッド」も
お伝えしますね!

ホットペッパー
Facebook
Instagram
LINE
ブログ
YouTube
予約アプリ
ショップサイト


◇美しさを引き出す髪質改善
……………………………………………
Mimpi公式サイト

頭皮の皮脂は季節によって異なる!?

頭皮ケアのポイントの一つは、適切で質の良い皮脂を保つことです。

皮脂は本来、頭皮の保護や代謝を促進しています。

とくに、皮脂の主成分である脂肪酸は多くの役割を担っている大切なもの。

脂肪酸の質は髪の成長や細気、抜け毛にも深く関わっています。

しかし、脂肪酸が酸化すると過酸化脂質になってしまい、頭皮に悪影響を与えてしまいます。

そのため、脂肪酸は適切に摂取することが何より大切です。

☆過去記事☆ ↓↓↓
髪の健康には皮脂の質が重要!
 

脂肪酸は季節によって変化する

脂肪酸は適切に摂取する必要がありますが、実は季節によって変化しています。

そのため、季節によって適切な量も変わってくるのです。

細胞を一つの部屋として考えると、脂肪酸(細胞膜)はカーテンのような役割を担っています。

そして、季節によって必要なカーテンの分厚さは異なるのです。

たとえば、極寒に住むエスキモーの人たちは細胞の機能が低下しないように、青魚を多く摂取して細胞膜の脂肪酸を維持していると言われています。
 

冬に必要なのは不飽和脂肪酸!

脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれます。

そして、寒い時期に必要なのは不飽和脂肪酸です。

エスキモーの人たちがよく食べる青魚には、α-リノレン酸やEPA、DHAなどの不飽和脂肪酸が多く含まれているんですよ。

ところが、暑い時期になると細胞膜では不飽和脂肪酸が減り、飽和脂肪酸が増えていきます。
 
つまり、寒い時期に必要なのは不飽和脂肪酸であり、暑い時期に必要なのは飽和脂肪酸といえるのです!

これは体だけではなく、頭皮の細胞膜でも起こっていること。

ぜひ意識して季節によって取り入れる成分を変えたいですね。
 
ただし、不飽和脂肪酸には活性酸素によって過酸化脂質に変化しやすいという特徴があります。

そのため、活性酸素の攻撃を受けないように、日ごろから抗酸化物質を多めに摂取することも大切!

不飽和脂肪酸と抗酸化物質を上手に摂取することが、頭皮の健康につながるといえるでしょう。

☆過去記事☆ ↓↓↓
頭皮の大敵!過酸化脂質と活性酸素とは?
 
当店では、髪質改善を行なっております。
過酸化脂質を取り除く頭皮デトックスにも対応しておりますので、ぜひお問合せくださいませ。

 


🎁【髪年齢診断】をプレゼントいたします!
メールアドレス登録
身体の内側からアプローチする
「つや艶ピュア髪質改善メソッド」も
お伝えしますね!

ホットペッパー
Facebook
Instagram
LINE
ブログ
YouTube
予約アプリ
ショップサイト


◇美しさを引き出す髪質改善
……………………………………………
Mimpi公式サイト

ホルモン機能を高める栄養素を摂ろう

年齢を重ねるとともに、細毛になったりハリやコシがなくなったりするなど髪に変化が起こり、悩んでいる人もいるでしょう。

なぜそのようなことが起こるのかというと、更年期を迎えるころに、女性のからだをコントロールしているエストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れるからです。

その影響で甲状腺ホルモンが欠乏すると、髪の毛にマイナスの変化が起こってしまうのです……。
 
この状態を改善するためには必要なのが、女性ホルモンのバランスを整えること。
さらに、甲状腺ホルモンの分泌を活発化することです。

つまり、ホルモン機能を高める栄養素を摂取することが大切になってきます。
 

ホルモン機能を高める栄養素とは?



甲状腺ホルモンとは、チロシンというアミノ酸が結合したあとに、さらにヨウ素(ヨード)が結合したものです。

そのため、甲状腺ホルモンにはチロシンとヨウ素が欠かせません。

また、甲状腺ホルモンの生成を促す酵素の働きを助けるには、鉄やセレニウムなどのミネラルが必要です。
 
以下では、これからの成分ついて解説していきます。
 
【チロシン】
以下の原料になる。
・神経伝達物質
・代謝や自立申請の調整を行う甲状腺ホルモン
・髪の毛や皮膚の黒色色素であるメラニン

牛乳や大豆タンパク質に多く含まれる。
 
【ヨウ素】
甲状腺ホルモンの原料。
ただし、ヨウ素を摂りすぎると甲状腺ホルモンが減少する。
昆布やひじきなどに多く含まれる。
 
【鉄】
酸素を運搬する働きがあり、酸素の成分としても必要。
白血球や黄体ホルモン、神経伝達物質に必要。
レバーやあさり、納豆などに多く含まれる。
 
【セレニウム(セレン)】
高い抗酸化力があり、重金属の毒性を軽減したり、免疫機能を保護したりする。
細胞膜の脂肪酸の酸化を防いで、組織の老化を防止する。
かつお節や動物の内臓、鶏卵などに多く含まれる。
 
どの食材も日本人に馴染みの深いものなので、ぜひ毎日の食卓に取り入れてみましょう。
 
また、代謝を高まるのに優れているビタミンB群の働きや、酵素かビタミンと天然の抗酸化成分については、以下の記事を参考にしてください。

頭皮デトックスをしたら栄養素を与えよう1
頭皮デトックスをしたら栄養素を与えよう2
 
頭皮を健やかに保つためには、頭皮デトックスとその後の栄養補給が大切です。

当店の髪質改善では、頭皮デトックスをしたあとに栄養をたっぷり与えます。
ぜひお試しください!

 


🎁【髪年齢診断】をプレゼントいたします!
メールアドレス登録
身体の内側からアプローチする
「つや艶ピュア髪質改善メソッド」も
お伝えしますね!

ホットペッパー
Facebook
Instagram
LINE
ブログ
YouTube
予約アプリ
ショップサイト


◇美しさを引き出す髪質改善
……………………………………………
Mimpi公式サイト

頭皮デトックスしたら栄養素を与えよう2

頭皮デトックスをした後には、頭皮に十分な栄養を与えたいもの。
頭皮は体とつながっているため、頭皮を健康にするためには体への栄養補給が欠かせません。

前回の記事では、代謝を高めるのに優れているビタミンB群の働きを紹介しました。
↓↓↓
頭皮デトックスしたら栄養を与えよう1

今回は、体内の活性酸素を消去する抗酸化ビタミンと天然の抗酸化成分をご紹介します。
 

抗酸化ビタミンの働きとは?

抗酸化ビタミンを補給すると、活性酸素の攻撃から頭皮や体内の脂肪酸を守ることができます。

では、さっそく抗酸化ビタミンについて見ていきましょう。

抗酸化ビタミンの働きは以下の通りです。

【ビタミンA、β-カロテン】
気管支粘膜や胃粘膜を守っており、骨や皮膚の形成にも必要。
幹細胞では抗酸化作用によって肝機能を維持させる。

【ビタミンC】
白血球の働きを強化し、免疫力を高める。
血管や皮膚、粘膜、骨を強化する。
また、発がん性物資を抑制する。

【ビタミンE】
過酸化脂質の生成を抑制し、ホルモンの分泌を調整。
血管内に血栓ができるのを抑制する。

【コエンザイムQ10】
全身の抗酸化に働く。
また、エネルギーを作る働きがある。
 
このような抗酸化ビタミンは、ぜひとも取り入れたいものですね♪
 

天然の抗酸化成分とは?

近年、天然の抗酸化成分が多く発見されています。

天然の抗酸化成分はファイトケミカルと呼ばれており、主に植物由来の化学成分です。

代表的なものと働きは、以下の通りです。

【ポリフェノール】
食用油脂に対して強い抗酸化作用があり、活性化酸素を消去する。

【カテキン】
体脂肪を燃焼させたり、血中脂質を正常にしたりする。

【レスベラトロール】
長寿遺伝子を活性化させたり、脂肪の蓄積を減少させたりする。

【ケルセチン】
血管壁を強めたり、脂肪の燃焼や排泄を促したりする。

【カロテノイド】
活性酸素の中でも酸化力の強いとされる一重項酸素の消去能力に優れている。

【リコピン】
紫外線によって皮膚に発生する活性酸素を消去する。
また、メラニンの生成を抑制する。

【ルテイン】
活性酸素の原因になる紫外線や可視光線を吸収し、眼球内の組織を保護する。

【ピクノジェノール】
非常に強い抗酸化能力を持つ。
血栓予防などの作用があり、医療機関でメディカルハーブとしても活用されている。
  
ここでは天然の抗酸化成分の一部をご紹介しました。

緑黄色野菜や果物にはこの抗酸化成分はもちろん、それ以外のものも多く含まれています。

そのため、体の健康のためには毎日さまざまな種類の野菜や果物を摂るのがおすすめです◎

それでも足りないと思ったら、青汁や野菜ジュースを上手に利用してみましょう。

全身から活性酸素が消去できれば、頭皮の脂肪酸の酸化を根本から防げます。
 
当店では、髪質改善によって頭皮デトックスを行っております。
また、デトックスのあとには栄養たっぷりのヘッドヒーリングも行います。
ぜひお試しください!


身体の内側からアプローチする
髪年齢診断をプレゼントいたします!
メールアドレス登録
身体の内側からアプローチする
「美しさを最大限に引き出す髪質改善メソッド」も
お伝えいたしますね!

ホットペッパー
Facebook
Instagram
LINE
ブログ
YouTube
予約アプリ
ショップサイト


◇美しさを引き出す髪質改善
……………………………………………
Mimpi公式サイト

頭皮デトックスしたら栄養素を与えよう1

脱毛予防や育毛対策では、頭皮デトックスをして有害重金属を排出することが大切です。

しかし、デトックスしただけでは十分とはいえません。

なぜならば、デトックスを行ったあとには栄養素の補給が大切だからです。

では、どのような栄養素を補給すればよいのでしょうか。
今回は補給すべき栄養素とその働きをご紹介します。
 

おすすめの栄養素は?

以下の記事に出てきているαリポ酸のサプリは、とてもおすすめの栄養素です↓↓↓
頭皮に影響を与える有害重金属を排出するには?

αリポ酸はサプリ以外の食べ物では、以下のものに含まれています。

* ほうれん草
* にんじん
* ブロッコリー
* 肉類

他には、代謝を高めるために優れているビタミンB群や抗酸化ビタミン、天然の抗酸化成分もぜひ補給したい栄養素です♪
 

代謝を高めるビタミンB群を解説!

では、補給したい栄養素のビタミンB群について見ていきましょう。

ビタミンB群は体内で蓄積できないため、食品やサプリメントの摂取がおすすめです。

ビタミンが不足すると、エネルギーの生産に使いきれなかった糖質が脂肪に変わって体内に蓄積される恐れがあります。

ここでは、代謝を高めるビタミンB群の働きをご紹介します。

【ビタミンB1】
炭水化物の代謝を促す。神経や筋肉を正常に保つ働きがある。

【ビタミンB2】
脂肪の代謝を促す。皮膚や粘膜、爪や髪の発育を促し、神経系の働きを正常にする。

【ナイアシン】
糖質や脂質、タンパク質の代謝を促す。アルコールの分解、悪玉コレステロールや中性脂肪、ヒスタミンを減少させる。

【パントテン酸】
脂質や糖質の代謝、脂肪酸の合成を行う。
ビタミンCの働きを助け、ビタミンB6や葉酸とともに免疫に関わるタンパク質の生成を助ける。

【ビタミンB6】
アミノ酸やタンパク質の代謝に必要。神経の刺激伝達物質を生成し、脳機能を維持する。血液をサラサラにして動脈硬化などを防ぐ。

【ビタミンB12】
アミノ酸の代謝に必要。
骨髄で赤血球のヘモグロビン合成を促して悪性貧血を予防する助けをする。
炭水化物や脂肪の分解、核酸の合成を促す。

【葉酸】
貧血防止や胎児の成長を助ける。

ビタミンB群だけでも、こんなにもからだを助ける役割があるんですよ。
からだと頭皮はつながっているので、もちろん頭皮にも多大な影響があります。
 
今回は、ビタミンB群の働きをご紹介しました。
次回のブログでは、抗酸化ビタミンと天然の抗酸化成分をご紹介したいと思います。
 
当店では、髪質改善によって頭皮デトックスや栄養の補給を行っております。

また、からだと頭皮のつながりをお伝えすることで、お客さまがトータルで健やかになることを願っております。

特に頭皮や髪に関するお悩みをお持ちの方は、ぜひお問合せくださいませ。

 


身体の内側からアプローチする
「美しさを最大限に引き出す髪質改善メソッド」を知りたい方は
こちらからメールアドレス登録をお願いします♪
メールアドレス登録

ホットペッパー
Facebook
Instagram
LINE
ブログ
YouTube
予約アプリ
ショップサイト


◇美しさを引き出す髪質改善
……………………………………………
Mimpi公式サイト

頭皮デトックスと体内デトックスは切り離せない!?つながりを解説

健やかな頭皮のためには頭皮デトックスが欠かせませんが、実はそれだけではなく体内デトックスも深いつながりがあります。

頭皮に有害重金属が蓄積しているということは、体内にも蓄積していることになるからです。

そのため、頭皮デトックスの効果を高めるためには、全身へのアプローチが欠かせません。

頭皮だけではなく、体内デトックスも行うことで、過酸化脂質の発生を抑えられるのです。
 

有害重金はなぜ体内に蓄積されるのか

重金属はミネラルという元素に属しています。

ミネラルは生命活動に必要不可欠ですが、体内にほんの少し存在するだけで害をもたらすミネラルもあるのです。

それを有害重金属といいます。

有害重金属は体内で結合できる物質がなければ自然と排泄される物質です。

しかし、欠乏している必須ミネラルがあると、そこに入り込んで蓄積されてしまいます。

つまり、有害重金属をデトックスするためには、必須ミネラルの不足を予防することが必要なのです。
 
たとえば、有害重金属である鉛は腎臓や肝臓に蓄積しやすく、カドミウムは骨に溜まりやすい物質です。
そして、水銀は中枢神経に蓄積しやすい物質です。

有害重金属はからだ全体に悪影響を与えます。
それはつまり、頭皮にも悪影響を与えるということ。

では、悪影響を与えないためにはどうしたらよいのでしょうか……。
 

デトックスで毒素をなくすことが大切

たとえば、歯の治療をして口の中に金属充填物が入っている人も多いでしょう。

その場合、時間が経過していると金属が溶け出して、体内に蓄積されている可能性があります。

これは口腔内の金属充填物を除去することで対処できるかもしれません。
除去することで、少しずつ頭皮の有害重金属の減少が期待できるからです。
(※金属充填物の除去を推奨しているわけではありません。金属充填物については歯科医にご相談ください。)

とはいえ、金属充填物を除去してもデトックスには時間がかかります。

そのため、同時にサプリメントを使うなどして、デトックスを進めるとより効果的でしょう。

詳しくは以下の記事をご覧ください↓↓↓
頭皮に影響を与える有害重金属を排出するには?
 
どんなに有効な栄養成分を与えても、デトックスが十分にできていないと有効活用されません。

まずはしっかりとデトックスを行い、毒素を排除することが大切です。

髪や頭皮においても、体内デトックスと頭皮デトックスを並行して行うことで効果が高まります。
 
デトックスしたあとは、たっぷりと頭皮や髪に栄養を与えてあげることが大切です。
当店は多方面からアプローチする髪質改善を行なっており、ツヤ髪をプロデュースしています。
ぜひご相談ください!

 


身体の内側からアプローチする
「美しさを最大限に引き出す髪質改善メソッド」を知りたい方は
こちらからメールアドレス登録をお願いします♪
メールアドレス登録

ホットペッパー
Facebook
Instagram
LINE
ブログ
YouTube
予約アプリ
ショップサイト


◇美しさを引き出す髪質改善
……………………………………………
Mimpi公式サイト

頭皮に影響を与える有害重金属を排出するには?


私たちが日常の食事などで取り込んでいる少量の水銀などは有害重金属と呼ばれており、頭皮に深刻なダメージを与える可能性があります。

正しい生活をしていても現代では有害重金属を避けることができないため、私たちは自分たちでそれを取り除く必要があります。

今回は、有害重金属を排出するのにおすすめであるαリポ酸をご紹介します。
 

αリポ酸とは?どんな働きがあるのか

αリポ酸とは抗酸化作用を持つ硫黄を含んだビタミン物質のこと。
チオクト酸を呼ばれることもあります。

αリポ酸にはビタミンCやビタミンE、コエンザイムQ10、グルタチオンなどの抗酸化力を再生する働きがあります。

そのため、αリポ酸には活性酸素を除去する力があるといえるんですよ。
また、活性酸素発生の原因になる有害重金属を排出する働きもあるといわれています。

αリポ酸の特性は以下の通りです。

・体内の栄養成分の1つのため安全

・活性酸素と有害重金属の除去を行い、頭皮の脂肪酸の参加を回避する

・脂肪酸の中でも良いとされる不飽和脂肪酸とαリポ酸が組み合わされると、育毛効果が期待できる

・髪が染色や漂白で損傷したり、頭皮が刺激されたりするのを改善する
 
αリポ酸によって皮脂の脂肪酸の酸化を防ぐと、過酸化脂質の増加を防ぐことにつながり、汚れのない皮脂が適度に分泌されるようになります。

そして、清潔な頭皮環境が保たれることで、毛母細胞が活性化して育毛の促進にもつながるんですよ。
もちろん、美髪効果も期待できます!

有害重金属は時間をかけて蓄積するため、デトックスも根気よく行いたいもの。
αリポ酸をうまく利用したいですね。
 

αリポ酸を利用する前にしたいこと

αリポ酸を効果的に利用するためには、あらかじめ頭皮の皮脂を取り除いておくことが大切です。

自宅では、髪を洗うときに温水シャワーを浴びたり、温めたタオルを頭にのせて頭皮をしっかり温めたりするとよいでしょう。

その後は頭皮を丁寧にマッサージします。

このようにすれば、毛穴をふさいでいる過酸化脂質が取り除きやすくなります。

最後にぬるま湯でシャンプーをして汚れた皮脂を取り除きましょう。

自宅では最低限のケアになりますが、当店でヘッドヒーリングを行うと、固まった皮脂がさらに柔らかくなり、にじみやすくなります。

これを繰り返すことで頭皮の健康がよみがえり、抜け毛や細毛は減少するでしょう。

当店の髪質改善では、頭皮デトックスを行っています。
健やかな頭皮のために、ぜひご検討ください。
 


身体の内側からアプローチする
「美しさを最大限に引き出す髪質改善メソッド」を知りたい方は
こちらからメールアドレス登録をお願いします♪
メールアドレス登録

ホットペッパー
Facebook
Instagram
LINE
ブログ
YouTube
予約アプリ
ショップサイト


◇美しさを引き出す髪質改善
……………………………………………
Mimpi公式サイト

頭皮の大敵!過酸化脂質と活性酸素とは?

少し前の記事から過酸化脂質についてお話しています。

今回は、過酸化脂質が増えるとどうなるのか、過酸化脂質を作る活性酸素とは何なのかについて、詳しく解説していきます。
 

過酸化脂質が増えるとどうなる?

過酸化脂質が増えると、毛母細胞の働きを低下させ、頭皮にダメージを与えます。

私たちの毛母細胞の細胞膜には脂肪酸が存在しており、それが酸化すると過酸化脂質と呼ばれる有害な脂質に変化します。

そして、過酸化脂質が生まれることによって、正常な脂肪酸も次々に過酸化脂質に変化してしまうのです。
 
一般的に細胞は、細胞膜の仕切りによって細胞の外側と内側に区別されています。

細胞の外側には、血液や汗などの水溶液があり、内側にはアミノ酸やタンパク質、ミネラルなどの水位溶液があります。

ところが、細胞膜の脂肪酸が過酸化脂質に変化すると細胞膜の機能が低下して、細胞の機能は異常な状況に……。
 
この事態が頭皮で起こると、血流が悪くなり、毛母細胞への栄養や酸素が十分に行き渡らなくなってしまうのです。

しかも、毛母細胞の働きが失われて、新しい毛髪を作るのも困難になります……。

その結果、頭皮の発毛力の低下と抜け毛が起こる可能性が高くなるんですよ。
 

活性酸素と過酸化脂質の関係とは?

頭皮の脂肪酸が過酸化脂質に変化することをお伝えしましたが、そこには活性酸素が大きく関わっています。

なぜなら、活性酸素の働きは脂肪酸を構成している炭素に酸素をくっつけることだからです。

私たちのからだに酸素を取り込むために、ヘモグロビンは酸素と結合して全身に酸素を運ぶ働きを担っています。

こうした酸素の一部は活性酸素に変化しますが、それはあくまで微量です。
また、酸素に金属(ミネラル)が存在すると活性酸素が発生しやすくなりますが、それは赤血球が防いでくれるため問題ありません。
 
問題なのは、本来からだに存在しないはずの有害重金属です。

実は、水銀や鉛などの有害重金属が体内に蓄積していると、活性酸素が発生する危険性が高まるんですよ。

私たちは日々の生活で、知らず知らずのうちに有害重金属を摂取しています。

頭皮で活性酸素が過剰になると、頭皮の脂肪酸が過酸化脂質に変化してしまい、さきほど説明したように頭皮の発毛力の低下につながってしまいます。
 
では、頭皮の状態を改善するにはどうしたらいいのでしょうか。
当店では、頭皮の状態をクリアにする改質改善をおすすめしています☆

詳しい内容を知りたい方は、ぜひ当店までお問い合わせくださいませ。
 


身体の内側からアプローチする
「美しさを最大限に引き出す髪質改善メソッド」を知りたい方は
こちらからメールアドレス登録をお願いします♪
メールアドレス登録

ホットペッパー
Facebook
Instagram
LINE
ブログ
YouTube
予約アプリ
ショップサイト


◇美しさを引き出す髪質改善
……………………………………………
Mimpi公式サイト

髪の健康には皮脂の質が重要!


頭皮の皮脂は多すぎるとベタつき、少なすぎると乾燥するため、多すぎても少なすぎてもいけないとされています。

そうやって量には注目するのに、実は皮脂の質にはあまり注目していないケースが多く見られます。

しかし、実は皮脂の量よりも皮脂の質のほうが、毛母細胞への影響は大きいんですよ。

なぜならば、皮脂が酸化して劣化することが毛母細胞に深刻なダメージを与えるからです。
 
健康な頭皮には、皮脂が酸化した過酸化脂質を取り除くのはもちろん、同時に皮脂が過酸化脂質にならないように活性酸素対策をすることも欠かせません。

弱った髪に栄養を補給したり、頭皮の血行促進をしたりするだけでは、本当に育毛力を取り戻せないのです。

皮脂は皮膚の保護や代謝の促進をしており、皮脂の主成分である脂肪酸がその役割を担っています。
そのため、この脂肪酸が酸化して過酸化脂質になることを防ぐことがとても大切なのです。
 
過酸化脂質の詳しい記事はこちら → 頭皮にダメージを与える過酸化脂質とは?頭皮デトックスで改善へ
 

不飽和脂肪酸が頭皮を守る鍵!


たとえば、馬のたてがみはフサフサしていて美しいですよね。
あれは馬油によって成り立っているそうです。
 
馬油の元になる皮脂の成分は、脂肪酸が飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されるのですが、馬油には他の動物油に比べて不飽和脂肪酸が非常に多く含まれています。

不飽和脂肪酸は動脈硬化や高血圧の予防、アレルギー症状の緩和、血栓症の予防などの健康作用があるとして注目されているもの。
 
たとえば、不飽和脂肪酸の1つであるα-リノレン酸は、真皮や皮下組織まで到達することで、悪玉コレステロールや中性脂肪を除去し、血行を促進する働きがあるといわれています。

また、細胞を錆びつかせない、血液をサラサラにする効果を持っていると期待されています。
 
頭皮を健康に保つためには、皮脂の質を維持することが大切です。

その皮脂とは不飽和脂肪酸であり、つまりは不飽和脂肪酸の酸化を防ぐことが健康な頭皮や髪を維持することにつながるといえるでしょう。

不飽和脂肪酸を摂取するときは、酸化しないように同時に抗酸化作用の高い食品を摂取するのがおすすめです。
 
不飽和脂肪酸は、イワシやサンマ、サバなどの青魚、卵、レバーなどに多く含まれています。

また、サプリで不飽和脂肪酸を得る場合は、DHA、EPA、ARA(アラキドン酸)などが当てはまります。

不飽和脂肪酸と一緒に摂りたい抗酸化作用の高い食品は、緑黄色野菜、フルーツ、植物油、赤ワイン、コーヒー、緑茶、紅茶、わかめ、のりなどです。

ぜひ不飽和脂肪酸を多く摂り、それを酸化させないようにしてみてくださいね。
 
当店では頭皮デトックスにぴったりな髪質改善をご用意しております。
髪についてのお悩みがある方は、ぜひお問合わせくださいませ。

 


身体の内側からアプローチする
「美しさを最大限に引き出す髪質改善メソッド」を知りたい方は
こちらからメールアドレス登録をお願いします♪
メールアドレス登録

ホットペッパー
Facebook
Instagram
LINE
ブログ
YouTube
予約アプリ
ショップサイト


◇美しさを引き出す髪質改善
……………………………………………
Mimpi公式サイト

頭皮にダメージを与える過酸化脂質とは?頭皮デトックスで改善へ

髪の悩みとして、抜け毛や薄毛、細毛などを挙げられる方は多くいらっしゃいます。

髪の毛は、頭皮の毛穴の奥にある毛母細胞が盛んに分裂を繰り返すことで成長します。

しかし頭皮が健やかな状態ではなく、頭皮の汚れで毛穴が塞がれると細胞がダメージを受け、抜け毛が増えたり薄毛や細毛の原因になったりすることがあります。

では、この頭皮の汚れとは何でしょうか。
この記事では、その正体に迫ります。
 

頭皮の敵!過酸化脂質とは?

結論からいいますと、頭皮の汚れの正体は「過酸化脂質」です。
過酸化脂質とは皮脂が酸化したものであり、それは脂の塊になって毛根に付着します。
 
皮脂が酸化して過酸化脂質になる原因の1つに、活性酸素が挙げられます。

活性酸素は体内で発生しており、細菌やウイルスを攻撃して生体を守るという大切な役割を担っているもの。

しかし過剰発生すると臓器や遺伝子を傷つけるケースがあり、それと同じように活性酸素は頭皮の敵でもあるのです。

鉄は酸化することでサビますが、私たちの体の中でも同じようなことが起こっています。
 
頭皮の脂質のサビたものが過酸化脂質といえるのです。そして、頭皮の毛穴をふさいで深刻なダメージを与えているのです。
 

頭皮デトックスで頭皮を清潔に!

美容業界ではよく頭皮は畑、毛は野菜にたとえられます。

土壌が酸性雨や化学肥料、農薬で汚れていたら、いくら野菜に良いとされる栄養剤を与えてもうまく育ちません。

それと同じで頭皮も過酸化脂質で汚れていると、いくら発毛剤や育毛剤などを与えても髪は育たないのです。
 
それを改善するために行いたいのが、頭皮デトックス。
まずは有害物を頭皮から取り除き、頭皮を清潔にすることから始めてみましょう。

頭皮をクリアな状態にして、内面の良さを引き出すことが大切です。
 
当店では髪質改善を行なっております。
頭皮の状態を良くするために、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 


身体の内側からアプローチする
「美しさを最大限に引き出す髪質改善メソッド」を知りたい方は
こちらからメールアドレス登録をお願いします♪
メールアドレス登録

ホットペッパー
Facebook
Instagram
LINE
ブログ
YouTube
予約アプリ
ショップサイト


◇美しさを引き出す髪質改善
……………………………………………
Mimpi公式サイト

カテゴリー

カレンダー

    2022年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  

月間アーカイブ

topへ