体の内側から育毛をめざそう

微量ミネラルを意識して摂ろう

しっとりとした美しい髪を育てるには、髪に必要な栄養を摂取することが大切です。

そのなかでも不足しがちなのが「ミネラル」です。

ミネラルは、内臓の働きや体内で起こる反応をスムーズにさせる栄養素。
健康を維持するために欠かせないミネラルは、カルシウムやカリウム、マグネシウム、亜鉛など、16種類あります。

また、ミネラルには多量ミネラルと微量ミネラルがあります。

多量ミネラルとは、1日に約100mg以上摂取しなければならないカルシムやナトリウム。
微量ミネラルとは、1日に約100mg以下で問題ない亜鉛や鉄などです。

育毛やアンチエイジングでは、多量ミネラルと微量ミネラルの両方が欠かせないといわれています。

微量ミネラルは、肉・魚などの動物性タンパク質食品、海苔・わかめ・ひじきなどの海藻類、天然塩に多く含まれています。

また、美容にはヨウ素やセレン、クロム、ケイ素などのミネラルが不足していると、育毛を妨げの原因になるのではないかといわれています。
 
食べ物は加工する段階ごとにミネラルが失われていきます。
また、食品添加物にはミネラルの吸収を阻害するものも。

加工食品やスナック菓子、清涼飲料水、インスタント麺をよく食べる人は、体内のミネラルが不足しがちの可能性があります。

忙しい人は最低限の量をサプリで補うのもおすすめ。
そのうえで、できる範囲で食事に気をつけるようにしましょう。
 

適切な体温をめざそう

体温が低い人がいくら頭皮ケアをしてもうまくいかず、体温を上げた途端に数ヶ月で生えてきたケースが多くあります。

頭皮のこめかみから上には太い血管が少なく、毛細血管がはりめぐられています。
体温が低いと頭頂まで血液が届かず、栄養を行き渡らせることができなくなるのです。

そうならないためには、男性は36.7℃、女性は36.2の体温をめざしましょう。

最も簡単な方法は、エスカレーターを使わずに階段を使う、自転車で買い物に行く、ストレッチを行うなどです。

また、寝る前はシャワーで済まさずに湯船にゆっくり浸かることも効果的です。
 
一方で、体温が高すぎて髪の毛が抜けやすい人もいます。

高血圧、暑がり、汗っかき、赤ら顔の人は熱が体にこもりやすく、髪の毛が頭頂部から抜けやすい傾向です。

体温を上げるためには、シナモンや生姜など体を温める食材が効果的ですが、もともと体温が高い人は控えるようにしましょう。

  
当店では伝統的なバリ島の空間で、自律神経を調整し、最高のポテンシャルに導きます。あなたの日頃のストレスや髪疲労を癒しツヤ髪にしていきます。

また、髪を生やす力を蘇らせ、細胞レベルで自毛発毛させる【薄毛•毛髪再生•再生美容】もご用意しております。

興味のある方は、ぜひ一度お問合せくださいませ。

 


🎁LINE友だち登録で
【髪年齢診断】をプレゼントいたします!
友だち追加

身体の内側からアプローチする
「髪質改善のための5つのステップ」

ホームページ
ホットペッパー
Facebook
Instagram
LINE
ブログ
YouTube
予約アプリ
◇美しさを引き出す髪質改善

薄毛✴︎毛髪再生サロン
髪を生やす力を蘇らせ、自毛発毛させる

友だち追加

LINEご予約、ご相談
Instagram
Facebook
ホットペッパー
ブログ
予約アプリ

イメージプロデュースサロン
Loving Style mimpi
外見磨きで魅力ある人生に好転させる
~今、この瞬間から、あなたの夢は咲き誇る~
 見た目改善 • 自分磨き美人塾

友だち追加

Instagram
LINE
ホームページ
予約アプリ
Facebook

育毛剤の始めどきはいつ?育毛剤をつけるポイントとは

髪に悩む女性育毛剤というと男性が使うものと感じている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、薄毛で悩むのは男性だけではありません。女性も年齢を重ねるごとに薄毛が気になっていきます。

育毛剤には、発症を予防することが主な目的な医薬部外品と症状の治療が目的である医薬品の2つがあります。

薄毛になってからではなく、生え際が薄くなってきたと感じたら、予防目的の医薬部外品の使用をおすすめします!

なぜなら、早めにケアをすることで、医療機関での薄毛治療という深刻な事態を防ぐことができるからです。
 

育毛剤はいつから使う?

とはいえ、具体的にいつから育毛剤を始めたらいいかは迷いますよね。

タイミングとしておすすめなのは、ストレスを感じているなと思ったときです。

美容業界では「3カ月前のストレスが3カ月後の毛髪に出る」といわれているんですよ。
円形脱毛症の方は、数カ月前に大きなアクシデントに見舞われていることも多いです。
 
悩みやストレスなどのアクシデントがあったときに、何もケアをしないと新生毛の成長が短くなり、3カ月後に抜け毛になったり、白髪になったりする可能性も……。

髪の抜け生えるサイクルの中で、休止期は約3カ月です。その下には新生毛が潜んでいるため、頭皮に栄養をたっぷり与え続けるのがポイントです。
 
何かしらストレスを感じているなら、今すぐ頭皮ケアをしましょう!
早めの対策が肝心です*
 

育毛剤を使うポイント

髪がボリュームアップしたイラスト育毛剤の効果が現れるのは、早くて1カ月後です。(個人差があります)
 
育毛剤は、頭皮の汚れや皮脂で育毛剤の効果が薄まらないように、清潔な状態で使うのが理想です。できれば、シャンプーをしたあとにつけるようにしましょう。

このとき、育毛剤は頭皮を乾かす前のウェットな状態でつけるのがポイントです!
 
さらに、気になる箇所を中心に頭皮全体に塗布する、塗布したあとに軽くマッサージをすると、より効果的ですよ♪

頭皮の水分量が多いほど皮膚が柔らかくなり、育毛剤の浸透がよくなります。また、血行もいい状態なので効果UPが見込めます。
 
とにかく「毎日続けること」が大切です!
マッサージする時間がない場合は、塗布するだけでもOK。

頭皮がベタつくのが嫌な場合は、分け目や生え際など気になる箇所だけに塗布するのでも大丈夫です。
 
育毛剤のメーカーは3カ月で効果の兆候が現れるといいますが、1カ月くらいで新生毛の腰が変わってきているのがわかるかと思います。

髪を触ってみて「あれ?何か違うかも」と実感するはず。

そうなると続けやすくなりますし、頭皮の状態も整ってくるので、そこでやめないでくださいね。やめてしまうと今までの努力が無駄になってしまいます……。
 
頭皮は畑と同じです。
肥料をたっぷり与えると、しっかりした芽が育ちます。

だから、まずは頭皮にたっぷりと栄養を与えて、よい環境をつくり、新しい毛毛が育ちやすくしましょう♪
 
当店では薄毛にも効果的な髪質改善を行なっております。お気軽にご相談くださいませ*

 


身体の内側からアプローチする
「美しさを最大限に引き出す髪質改善メソッド」を知りたい方は
こちらからメールアドレス登録をお願いします♪
メールアドレス登録

ホットペッパー
Facebook
Instagram
LINE
ブログ
YouTube
予約アプリ
ショップサイト


◇美しさを引き出す髪質改善
……………………………………………
Mimpi公式サイト

オイルケアでツヤある髪へ

ヘアマッサージ近年、肌や髪へのオイルケアが注目されており、多くのアイテムが手軽に購入できるようになりました。

オイルは髪のダメージを補修してくれる優秀なアイテム。
また、最近はウェットなヘアスタイルが流行しているので、今っぽい雰囲気も表現できます♪
 
オイルというとベタつくイメージを持つ人もいるかもしれませんが、オイルは保湿と油分のバランスを調節する役割を担う存在として、ヘアケアに適した成分なんですよ。

今回は、ヘアケアに効果的なオイルマッサージをご紹介します。
 

頭皮が乾燥するとどうなるのか

頭皮は冬だけではなく、エアコンなどの外的要因によって年中乾燥しています。

「え?夏も?夏はベタつくけど……」
と思うかもしれませんが、夏のウェットな状態には汗が関係していています。

通常、汗が引くと水分が蒸発するため、頭皮の乾燥を増長させてしまうのです。
 
さて、頭皮は乾燥するとどうなるのでしょうか。

実は、乾燥した状態を整え、頭皮に潤いを与えるために、頭皮は自ら皮脂を出して潤いを補おうとします。

そして、余分な皮脂とともに角質やフケなどの不純物を発生させてしまうのです……!

これらの汚れは老化現象の原因の1つの「酸化物質」になるため、頭皮はますます不健康になります。
 
「酸化物質」は新生毛の育成を阻害する可能性を持っています。
また、炎症を起こす場合も……。
 
「毎日シャンプーで洗っていれば大丈夫!」と言いたいところですが、シャンプー後に何もつけないとインナードライという状態に陥ってしまうため、根本的な解決にはなりません。
 
インナードライが進むと、頭皮は「糖化」します。

「糖化」をわかりやすくいうと、「焦げる」「硬くなる」ということ。
頭皮がそのような状態になると考えると恐ろしいですよね……。
 
一度頭皮が糖化すると、地肌の硬化や黄色いくすみ、乾燥が起こり、柔軟性もなくなります。

硬くゴワッとした髪になり、毛髪をつくる活力が失われ、薄毛や脱毛の原因になることも……。

そこでおすすめしたいのが、オイルマッサージです♪
 

オイルマッサージのやり方を解説!

ヘアオイル
オイルマッサージを行う際には、以下のポイントに注意しましょう。
 
・シャンプー前の乾いた頭皮にオイルをつける
・ヘアロスしがちな箇所にオイルを塗る
・正しいつけ方をマスターする
 
ヘアロスしがちな箇所とは、つむじや分け目、生え際あたりです。
オイルをつけるときはなじませるよりも、塗布したらほぐすようにしましょう。
 
【頭皮オイルマッサージのやり方】

1. オイルを手のひらに取り、指の腹で直接塗布します。第一関節でしっかりと頭皮になじませてほぐることが大切です。

2. オイルをつけてマッサージをしたら15〜20分放置します。

3. 最後にしっかり洗い流しましょう。
 
洗うときは、シャンプーをする前にお湯で洗い、よくすすぐのがポイントです。
オイルはベタベタしそうに思うかもしれませんが、逆にさっぱり、すっきりしますよ♪

少し時間はかかりますが、簡単にできるのでぜひ試してみてくださいね*

 


身体の内側からアプローチする
「美しさを最大限に引き出す髪質改善メソッド」を知りたい方は
こちらからメールアドレス登録をお願いします♪
メールアドレス登録

ホットペッパー
Facebook
Instagram
LINE
ブログ
YouTube
予約アプリ
ショップサイト


◇美しさを引き出す髪質改善
……………………………………………
Mimpi公式サイト

カテゴリー

カレンダー

    2024年4月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  

月間アーカイブ

topへ