シャンプータイムに髪を育てよう

シャンプーで髪をしっかり洗うことは発毛にとって、とても大切なことです。
今回は、その理由についてお伝えします。
 

シャンプータイムは髪を育てる時間

シャンプーは髪を洗うものと考えがちですが、シャンプータイムは発毛のためのマッサージタイムでもあります。

シャンプーで髪を洗うという考えになったのは、実は最近のこと。
長い間、髪を洗うのは月に1〜2回という時代がありました。
日本人が毎日シャンプーするようになったのは、1990年代からだといわれています。

シャンプーで洗う回数が少なかったときは、頻繁に髪を梳かして、皮脂を頭皮から髪へ移していたのです。

皮脂が過酸化脂質に変わって頭皮に蓄積するのを防ぎ、頭皮への刺激やニオイを軽減していたと考えられます。

昔は髪をまとめるために油を使うことが多かったため、シャンプーは脂を落とすイメージでした。

しかし、2000年代になると頭皮で何が起こっているのかが徐々に解明され始め、頭皮ケアが注目されてきたのです。

そのため、シャンプータイムは1日の汚れを落とす時間と考えるのではなく、頭皮の血流を促して髪の毛を育てる時間と考えるのがおすすめです。
 

しっかりと髪を洗うことは大切

薄毛を気にしている人のなかには、抜けるのを恐れてあまり髪を洗わないという人もいるかもしれません。

しかし、きちんと頭皮をマッサージしながら洗わないと、十分に汚れを落とすことはできません。
また、血流を促して頭皮に栄養を送り込むこともできないでしょう。

せっかくのシャンプータイムが、頭皮にダメージを重ねる時間になってしまう可能性があります。
 
シャンプータイムは髪を育てる大切な時間。

髪の毛のサイクルは休止期→成長期→退行期となっており、休止期、もしくは休止期に入る前の移行期には、髪が抜けるのは当然のことです。

それどころか抜けないと正常なヘアサイクルが乱れてしまう可能性があります。
次の新しい毛が成長するためには、毛を抜けるのを恐れないようにしましょう。

シャンプータイムのケアをしっかりと行い、成長期を待つ新しい髪の毛が育つ環境を整えることが、太くて長生きする毛を生やすことにつながります。
  
当店では伝統的なバリ島の空間で、自律神経を調整し、最高のポテンシャルに導きます。あなたの日頃のストレスや髪疲労を癒しツヤ髪にしていきます。

また、髪を生やす力を蘇らせ、細胞レベルで自毛発毛させる【薄毛•毛髪再生•再生美容】もご用意しております。

興味のある方は、ぜひ一度お問合せくださいませ。

 


🎁LINE友だち登録で
【髪年齢診断】をプレゼントいたします!
友だち追加
        
身体の内側からアプローチする
「髪質改善のための5つのステップ」

ホームページ
ホットペッパー
Facebook
Instagram
LINE
ブログ
YouTube
予約アプリ
◇美しさを引き出す髪質改善
       
薄毛✴︎毛髪再生サロン
髪を生やす力を蘇らせ、自毛発毛させる

友だち追加

LINEご予約、ご相談
Instagram
Facebook
ホットペッパー
ブログ
予約アプリ
        
イメージプロデュースサロン
Loving Style mimpi
外見磨きで魅力ある人生に好転させる
~今、この瞬間から、あなたの夢は咲き誇る~
 見た目改善 • 自分磨き美人塾

友だち追加

Instagram
LINE
ホームページ
予約アプリ
Facebook

プレゼント

メルマガ会員ご登録で
書籍の著者である船ヶ山哲氏と野口明子の対談動画

「50歳を超えてもキレイでい続ける人、
おばさん化してしまう人の違い」

をプレゼント

ご登録はこちら

コメントを送る

カテゴリー

カレンダー

    2024年3月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

月間アーカイブ

topへ