発毛には医薬品と医薬部会品、化粧品の何を選べばいい?

育毛剤や発毛剤を買おうと思ったときに、医薬品と医薬部会品、化粧品があることに気づく人もいるかもしれません。
これらには厳密な違いがあります。

今回は、医薬品、医薬部外品、化粧品の違いをはじめ、育毛剤と発毛剤の違いについても見ていきます。
 

医薬品、医薬部外品、化粧品の違いとは?

育毛剤は、医薬品と医薬部会品、化粧品の3つに分けられます。

医薬品は病気の治療や予防に使われ、医薬部外品は治療ではなく、脱毛予防や発毛目的に使用されます。
一方で、化粧品は毛髪を健やかに保つものと考えるとよいでしょう。
 
一般的に有効性の高さは、医薬品>医薬部外品>化粧品となっています。

しかし、シャンプーや育毛剤もそれに当てはまるのかは疑問です。

たとえば、医薬品と医薬部外品は表示指定成分103種類以外を公開しなくてよいことになっていますが、化粧品は全成分の表示が義務付けられています。

つまり、医薬品と医薬部外品の含有成分には不透明なところがあるとも考えられるのです。
 
また、成分の濃度の強さは、医薬品>医薬部外品>化粧品となるとは限りません。
化粧品に一番多く発毛に必要な成分が入っていることもあります。

そのため、自分に合った成分が入っていれば、医薬品、医薬部外品、化粧品などの分類にとらわれる必要はないでしょう。
 

育毛剤と発毛剤の違いとは?

育毛剤は医薬部外品であり、髪の毛を育てて抜け毛を防ぐことを目的としています。

発毛剤は医薬品であり、髪の毛を生やし、抜け毛を防ぐのが目的であり、医薬品でないと発毛をいう言葉は使用できません。
 
現在市販で購入できる発毛剤には、ミノキシジルという成分が含まれています。
ミノキシジルは血管拡張剤であり、そもそもは高血圧治療に使われていました。
その副作用に発毛があったため、発毛剤として使われるようになったのです。

ミノキシジルは血管を広げ、頭皮への血流を促しますが、血管が細くなっていた場合、それを治療するものではありません。
使用をストップすると、髪が生えにくく育ちにくい状態に戻ってしまうこともあり得ます。

そのため、ミノキシジル配合の発毛剤を使っている方にも、髪を元気にする習慣は大切なのです。
 
育毛剤と発毛剤は基本的に同じ目的を持っているため、2種類同時に使ったからといって効果が2倍になるわけではありません。

異なる成分を含む育毛剤や発毛剤を使うときには、時期をずらして使うことがおすすめです。
  
当店では伝統的なバリ島の空間で、自律神経を調整し、最高のポテンシャルに導きます。あなたの日頃のストレスや髪疲労を癒しツヤ髪にしていきます。

また、髪を生やす力を蘇らせ、細胞レベルで自毛発毛させる【薄毛•毛髪再生•再生美容】もご用意しております。

興味のある方は、ぜひ一度お問合せくださいませ。

 


🎁LINE友だち登録で
【髪年齢診断】をプレゼントいたします!
友だち追加
        
身体の内側からアプローチする
「髪質改善のための5つのステップ」

ホームページ
ホットペッパー
Facebook
Instagram
LINE
ブログ
YouTube
予約アプリ
◇美しさを引き出す髪質改善
       
薄毛✴︎毛髪再生サロン
髪を生やす力を蘇らせ、自毛発毛させる

友だち追加

LINEご予約、ご相談
Instagram
Facebook
ホットペッパー
ブログ
予約アプリ
        
イメージプロデュースサロン
Loving Style mimpi
外見磨きで魅力ある人生に好転させる
~今、この瞬間から、あなたの夢は咲き誇る~
 見た目改善 • 自分磨き美人塾

友だち追加

Instagram
LINE
ホームページ
予約アプリ
Facebook

プレゼント

メルマガ会員ご登録で
書籍の著者である船ヶ山哲氏と野口明子の対談動画

「50歳を超えてもキレイでい続ける人、
おばさん化してしまう人の違い」

をプレゼント

ご登録はこちら

コメントを送る

カテゴリー

カレンダー

    2024年6月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930

月間アーカイブ

topへ