昼間の過ごし方で睡眠の質をよくしよう

美と健康の基本は、質のよい深い睡眠をとること。

深い眠りに入るほど副交感神経が活性化され、腸もしっかりと動いてくれます。

そうすることで、代謝もよくなり、太りにくい体にもなります。
また、血液の質もよくなり、肌も髪も美しくなるんですよ。

質のよい睡眠は長さではなく、いかにスムーズに不快に睡眠に入っていけるかどうかです。
そして、その質の高い睡眠をとるためには、昼間にどう過ごすかが大きく関わります。
 

昼間に集中して歩くと睡眠の質がよくなる

睡眠の質は、体の中にどれだけメラトニンというホルモンを作り出せるかによって決まりますが、そのためには昼間にメラトニンのもとになるセロトニンを作っておかなければなりません。

では、どうすればセロトニンが作られるでしょうか?

実はセロトニンを作る方法は、適度な集中と運動をすることなんです。

そのため、一番おすすめの方法は昼間に集中して歩くこと♪

合計20〜30分程度、音楽を聴いたりボーッとしたりせず、歩くことに集中しましょう。

休みの日は朝夕の散歩もおすすめです♪
ただし、これは集中して歩くのではなく、自然を五感に感じながらゆっくりと歩くことが大切。

そうすることによって、呼吸が深く安定し、自律神経が整います。
 

昼寝はいい?悪い?

自律神経を整えるという観点からいうと、昼寝はあまりよいものではありません。
休みの日に1時間半ゆっくりと昼寝をするのはOK。

ただし、30分くらいの短時間の昼寝はやめておいたほうがよいでしょう。
睡眠はノンレム睡眠とレム睡眠の1セットで1時間半なので、それより短い睡眠はつらいためです。

生活のリズムが狂うような短時間の昼寝は、自律神経を乱す原因になります。
そのため、普段昼寝をしない人は、休みの日も昼寝をしないほうがよいといえます。
 

夜の長電話は美容の敵

寝る前の1時間の過ごし方は、睡眠の質を大きく左右します。
そのため、できるだけ避けたほうがよいのが「夜の長電話」です。

親しい友人との長電話は楽しいですよね。
ときには悩みを相談し、心の安定に必要かもしれません。

ですが、その電話の間、余計なことを考えたり興奮したりすることで、交感神経が急激に高まり、自律神経のバランスがとても乱れてしまう可能性があるのです。

また、電話中にずっと同じ体制をしているのも危険。
呼吸が浅くなり、体が硬直してしまいます。

夜の長電話は美容の大敵。
どうしても電話をしたい場合は、長くならないように、かける前に時間を決めておくようにしましょう。
  
当店では伝統的なバリ島の空間で、自律神経を調整し、最高のポテンシャルに導きます。あなたの日頃のストレスや髪疲労を癒しツヤ髪にしていきます。

また、髪を生やす力を蘇らせ、細胞レベルで自毛発毛させる【薄毛•毛髪再生•再生美容】もご用意しております。

興味のある方は、ぜひ一度お問合せくださいませ。

 


🎁LINE友だち登録で
【髪年齢診断】をプレゼントいたします!
友だち追加
        
身体の内側からアプローチする
「髪質改善のための5つのステップ」

ホームページ
ホットペッパー
Facebook
Instagram
LINE
ブログ
YouTube
予約アプリ
◇美しさを引き出す髪質改善
       
薄毛✴︎毛髪再生サロン
髪を生やす力を蘇らせ、自毛発毛させる

友だち追加

LINEご予約、ご相談
Instagram
Facebook
ホットペッパー
ブログ
予約アプリ
        
イメージプロデュースサロン
Loving Style mimpi
外見磨きで魅力ある人生に好転させる
~今、この瞬間から、あなたの夢は咲き誇る~
 見た目改善 • 自分磨き美人塾

友だち追加

Instagram
LINE
ホームページ
予約アプリ
Facebook

カテゴリー

カレンダー

    2024年6月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930

月間アーカイブ

topへ