腸をきれいにして自律神経を整えよう!

自律神経を整えるには、腸内環境を整えることが大切です。

腸の働きには自律神経が大きく関わっており、交感神経が優位なときは腸のぜん動運動が停滞し、副交感神経が優位なときはぜん動運動が活発になります。

ぜん動運動とは消化したものを運ぶことで、しっかりと行われることで腸内の不要物が次々と排出されます。

つまり、ぜん動運動を活発にして腸が正しく動くには、副交感神経が優位の必要があるのです。

また、腸には「血液を作る」という重要な働きがあります。
食べたものは栄養素となって腸で吸収され、その栄養素が血液を構成する成分になります。

そのため、腸の働きがよければ、質のよい血液が作れるのです。

自律神経の安定には質のよい血液が欠かせません。

腸が整い、質のよい血液を作ることこそが、自律神経を安定させて健康な人生を送る秘訣といえるでしょう。
 

腸内環境を決める3つの腸内細菌とは


腸内には善玉菌と悪玉菌、日和見(ひよりみ)菌が存在しています。

理想的な腸内細菌の割合は、善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割。

日和見菌は善玉菌が優勢のときは問題ありませんが、悪玉菌が優勢になると悪影響を与えるため、普段から善玉菌が優勢な環境を作ることが必要です。

善玉菌が多い腸では、ビタミンや酵素・ホルモンの種が作られ、栄養たっぷりの質のよい血液が全身を巡ります。

一方で、悪玉菌が多い腸では、腸内腐敗や毒素、有害ガスの発生が起こり、発がん性物資が作られる恐れも……。

有害物質が腸から血液に入りこみ、全身を巡ってしまいます。
 

腸は第二の脳!?


最近の研究では、腸と脳には深い関わりがあることがわかってきました。
腸と脳は自律神経系やホルモンなどを介して連絡をしており、影響を与え合っているからです。

また、腸には多くの神経細胞が存在し、神経伝達物質が作られているため、「第二の脳」とも呼ばれることもあります。

たとえば、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンは95%が腸で作られています。
さらに、腸には免疫を司る細胞が7割も存在しているんですよ。

最近注目されている「腸内フローラ」という腸内菌をご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

悪玉菌が増えて腸内フローラのバランスが崩れると、不調をもたらすという研究結果もあります。
 
このように、腸が正常に働くと脳が安定し、ストレスが減ると腸の働きが安定するなど、二つには深い関わりがあります。

ぜひ腸内環境を整え、健康的な身体を手に入れましょう。
 
当店では自律神経を調整し、最高のポテンシャルに導くメディカヒーリングのプランをご用意しております。

伝統的なバリ島のスパ技術と東洋医学の融合技術で、あなたの脳と身体を根本的に改善に導きます!
興味のある方は、ぜひ一度お問合せくださいませ。

 


🎁LINE友だち登録で
【髪年齢診断】をプレゼントいたします!
友だち追加
身体の内側からアプローチする
「髪質改善のための5つのステップ」

ホームページ
ホットペッパー
Facebook
Instagram
LINE
ブログ
YouTube
予約アプリ
◇美しさを引き出す髪質改善

イメージプロデュースサロン
Loving Style mimpi

外見磨きで魅力ある人生に好転させる
~今、この瞬間から、あなたの夢は咲き誇る~
 見た目改善 • 自分磨き美人塾

友だち追加

Instagram
LINE
ホームページ
予約アプリ
Facebook

バリメディカヒーリングサロン
Love Resort mimpi

バリエステと東洋医学の融合技術で自然治癒力に語りかけ五感を研ぎ澄ます!
~自律神経を調整し最高のポテンシャルに導く~
 バリメディカヒーリングサロン

友だち追加

ホームページ
養成講座
Instagram
Facebook
予約アプリ
……………………………………………
Mimpi公式サイト

カテゴリー

カレンダー

    2024年5月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

月間アーカイブ

topへ